ホーム げんとう石蓮花

げんとう石蓮花

げんとう石蓮花 快適な生活習慣をサポート

石蓮花は、世界の中でも長寿な村が存在する広西巴馬村周辺に自生し、別名「燕子掌(えんししょう)」とも呼ばれ景天科の景天属、青鎖龍属、紅景天属に属しています。常緑肉質の亜潅木で0.5m〜1m、大きいもので2mにも達します。3年に一度淡いピンク色の花を咲かせることから「幻の花」と呼ばれています。

菊芋は、北アメリカ原産で2〜3mの高さに成長し、秋に黄色い花を咲かせ終わると根にイヌリンを豊富に含んだ塊ができます。主要成分であるイヌリンは糖質にデンプンが含まれていない多糖類になります。

桑は日本や中国、中央アジア、北アメリカなどの地域で自生または栽培されている落葉樹です。最近の研究で、いろいろな効果について研究が進んでいます。

沖縄ではゴーヤーと呼ばれるツル性のウリ科植物です。
ニガウリには、ビタミンCをはじめとする様々な成分が多く含まれております。

ギムネマシルベスタはインドから中国南部、東南アジアなどの広い範囲に分布しているガガイモ科のツル状に伸びるツル性植物です。ギムネマ酸には砂糖の甘味を感じさせなくなる作用があります。

オタネニンジンは「朝鮮人参」「高麗人参」などと呼ばれ、古くから民間伝承や健康食品として珍重されてきたウコギ科の多年草植物です。オタネニンジンの実には約30種類以上のサポニン類が含まれ、根に比べてその含有量は約4〜5倍も多く含まれています。

強く速い発育力を誇るセリ科の多年草で、カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・食物繊維などを多く含み、お茶・ドリンク剤・錠剤・粉末・顆粒にも加工されています。

快適な生活習慣をサポート
[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順